copyright©2013  THAIMETCOAT CO.,LTD. all rights reserved.     

THAIMETCOAT CO.,LTD.
TEL. 038 34 8260

〒20230  99/79 MOO 10, NONGKAM SRIRACHA, CHONBURI THAILAND







トップページ
TOP PAGE
 
หน้าเรก
取扱い商品
SERVICE&PRODUCTS
สินค้าและบริการ
 フッ素樹脂コーティング
Fluorine Resin Coating

เรซิ่น ฟลูออรัน โค้ทติ้ง
 会社案内 方針
CONCEPTCOMPANY

เกี่ยวกับบริษัท  
案内図
Map
 
แผนที่บริษัท

ติดต่อสอบถาม


 フッ素樹脂コーティング  Fluorine Resin Coating  ภาษาไทย

  コーティング事業部門

   弊社は、耐熱塗料業界No.1であり、タイ国内にて製造販売していますOKITSUMO社のフッ素樹脂塗料navalon (ナヴァロン)を使用し、
   お客様の用途、目的、素材などの要求に応じた表面処理の受託加工を行っています。

   フッ素樹脂とは

   そもそもフッ素樹脂とは、フッ素原子と炭素原子を結合させた合成樹脂(プラスチック)の総称です。
   結合する原子によって性質は異なるため、フッ素樹脂は様々な種類に分かれます。
   ではフッ素樹脂にはどういう種類のものがあるのでしょうか。以下の性能一覧表をご覧ください。

フッ素樹脂の性能一覧表
PTFE FEP ds FEP pc PFA 変性PTFE ETFE
加工燃成温度 380 380 340~360 380 180~280 300~330
塗膜厚 m/m 0.02~0.06 0.03~0.08 ~1.2 0.03~0.6 0.02~0.04 0.3~0.8
常用耐熱温度 260 200 200 260 160~220 150
硬度 鉛筆硬度 F~H HB~F 3H
摩擦係数 >0.02 >0.08 >0.05~0.08 0.04~0.08
耐摩耗性
非粘着・離型性
耐食性
体積低効率 Ω・cm >1018 >1018 >1018 >1018 >1016

 
   * PTFE    ポリテトラフルオロエチレン
   * FEP     ポリテトラフルオロエチレンとヘキサフルオロプロピレンの共重合体
   * PFA     ポリテトラフルオロエチレンとパーフルオロアルコキシエチレンとの共重合体
   * 変性PTFE ポリテトラフルオロエチレンと有機バインダーを混合した塗料
   * ETFE    ポリテトラフルオロエチレンとエチレン(C2H4)の共重合体

   離型について

      最もポピュラーなフッ素樹脂の使い方
そもそも離型とは粘着や焼きつきを防ぐことをいいます。
非粘着性ともいわれ、フッ素樹脂の中でも多く利用される使い方です。
食品関連におけるフッ素樹脂といえばフライパンのコーティングが
有名ですが、工業関連ではゴム素材・ゴム板成型用の金型や、
ウレタンの金型などに利用されています。

 
   離型のコーティング
    離型にはポリテトラフルオロエチレンというフッ素樹脂原料が重合したPTFEが最も利用されています。


   耐食について

      耐薬品性・耐食性・耐候性という優れた特色

  耐食とは腐食を防止することをいいます。
  過酷な環境にも適応できるようにするための耐候性、化学プラント
  向けの用途や不純物の溶出防止、内容物の保護など、幅広い分野
  で活用されています。

 
     耐食のコーティング
     耐食にはテトラフルオロエチレンとヘキサフルオロプロピレン(どちらもフッ素樹脂原料)が共重合したFEPとPFAや、
     テトラフルオロエチレン(C2F4)とエチレン(C2H4)の共重合体ETFEなどが多く利用されています。


  潤滑について

       摩擦が少ない!  フッ素樹脂の優れた性能のひとつ
  潤滑は潤いを与えることで動きが滑らかになる性質をいいます。
  潤滑油を使用しなくても円滑な滑り具合を維持することができるため、
  幅広い用途で利用されている性質です。たとえば工業製品を扱う現場
  において、使用中のネジに潤滑性を付加すると、突然折れてしまう事態
  は起こりません。つまり潤滑性は作業効率を高めるだけでなく、安全性
  の向上にも貢献いたします。
     潤滑のコーティング
     潤滑には主として変性タイプのPTFEが多く利用されています。


  コーティング工程

  フッ素樹脂コーティングの工程は以下の通りです。
  指定される膜厚によっては、7.上塗り塗装と8.焼成を繰り返すことがあります。



          




  品質・価格・納期

   品質について

   フッ素樹脂コーティングは、基材とコーティング剤との接着をいかに高めるかが 重要なポイントです。
   そのため、使用される環境を詳しく教えていただき、用途にマッチした選択を 行い加工致します。


   価格について

   お客様の要求に合わせて、コーティングの仕様を決めますので、見積もりは 都度見積もりが原則となります。
   見積もりをする際に、基準となる要素は以下のようなものです。

    1.面積 2.膜厚 3.加工材料の種類 4.形状 5.重量 6.数量  7.マスキングの有無 8.納期 9.荷姿

   納期について

   指示が無い場合は、1週間とお考えください。

   加工を依頼される前に

   1 基材の汚れ具合はどの程度でしょうか?
   あまりひどい場合は、クリーニング費用が発生いたします。

   2 基材の耐熱性は?
   400℃前後の熱を掛けて焼成いたします。薄い加工物等は、残留応力で歪む可能性があります。また、耐熱性の無い部品は事前に外してください

   3 加工しては困る場所はありますか?
   予めご指示ください。色々な方法により、マスキング処理を致します。